心筋梗塞など突然起こる可能性がある病気の対処法|健康体でいる為に

女性

若者のがん

男性

若者のがんといったら、あまり聞くことのない話ではあると思います。しかし骨肉腫は若者に多いがんです。ですから早期発見、早期治療をお願いしたいです。それによってその人の人生がまた変わっていい方向に進むといいと願っています。

Read More...

タバコやお酒を飲む人は

女性

タバコを吸っていなくても、お酒をたくさん飲む人は咽頭がんに注意する必要があります。また、手術後治ったからと言って、すぐにタバコを吸ったりお酒を飲んだりしてはいけません。手術後の生活は色々と工夫しましょう。

Read More...

体に優しいがん治療

Female

「免疫細胞療法」は、本来私たちに備わっている免疫力を利用した、まだ新しい発展途上の治療法です。患者さんに優しく、期待される治療法ですが、まだ治療費も高額で、健康保険や医療保険の先進医療特約も適用されません。免疫細胞療法を受けるにあたっては、慎重な判断が必要でしょう。

Read More...

心不全の問題

世田谷でリウマチの治療を行うなら、こちらのクリニックに行ってみましょう。高品質な施術をしてくれますよ。

危険度の高い心筋梗塞を防ぐためにもこちらのサイトで効果的な方法を紹介しています。生活習慣に乱れのある方は参考にしましょう。

虚血性心筋症と心不全

ハート

心筋梗塞により心臓の筋肉が壊死した状態となると、その壊死した部分は動かなくなるため、心臓のポンプ作用が失調します。このような心筋梗塞による心筋障害を虚血性心筋症といいます。ポンプ失調により循環が悪くなるため、体内に水が溜まることによる浮腫や動作による息切れが出現します。これを心不全といいます。虚血性心筋症となった場合、ポンプ作用がもとに戻ることはないので、薬剤を用いて心臓への負荷をかけないようにすることが必要です。強心剤で心拍出量を上げ、利尿剤で体内に溜まった余分な水分を放出します。他に生活を改善することで乗り切ることが必要です。重いものを持たず、福祉やヘルパーに生活支援を依頼するなど、生活範囲を狭めていかなければなりませんが、生命維持のためには重要なことです。

心不全の新たな展開

心筋梗塞後の虚血性心筋症の治療として、動かない心筋をどうするかがカギであります。外科的治療として壊死した心筋を切除し、健常な心筋同士で縫い合わせてくる手術があります。実はこれが有名なバチスタ手術なのです。しかし、結局のところ、心臓が小さくなることとなり、小さくなった心臓に負荷がかからない生活を送ることが必要となります。また、これは研究段階ではありますが、iPS細胞などによる心筋再生療法があります。もし、これが治療として効果があり、臨床に適応となれば心不全治療に大きな一歩となります。もしかすると心不全による日常生活の制限も回避できるかもしれません。こうした虚血性心筋症にならないためには、心筋梗塞にならないことが何より先決ですが、医療全般として、決して諦めないことが大事であります。医療の進歩は日々進化しているのです。